TIL

Today I Leaned. 無理せず。できるときに。自分のペースで。

起動とSSH - 入門 - Vagrant

この記事は Vagrantの公式ページの Getting Started- Vagrant をグーグル翻訳したものです。多少、自分なりに再翻訳しています。


起動

Vagrantを起動するときは以下のコマンドを実行する

$ vagrant up

1分もかからずにUbuntu仮想マシンが起動すると思う

VagrantGUIではないため、起動しても何も表示されない


SSH接続

実行中であることを確認するためにSSH仮想マシンに入ってみる

$ vagrant ssh

好きなようにコマンドを実行してみよう

しかし、rm -rf /のようなコマンドは気を付けなければならない

Vagrantはゲストマシンの/vagrantとホストマシンのVagrantfileがあるディレクトリを共有しているため、ホストマシンにも影響がある

rm -rf /を実行してしまうと、ホストマシンのファイル(Vagrantfileがあるディレクトリのファイル)も削除されてしまう

共有フォルダについては次のセクションで説明する

今、何が起こったのか考えてみる

1行の設定をして、1つのコマンドだけでSSHアクセスできる仮想マシンを作成した

最高にかっこいい!

SSHセッションはCTRL + Dで終了できる

vagrant@precise64:~$ logout
Connection to 127.0.0.1 closed.



停止

マシンを操作し終わったら、vagrant haltでホストマシンから仮想マシンを終了させる(英語の説明文ではvagrant destroyって書いてあった)

$ vagrant halt
==> default: Attempting graceful shutdown of VM...

それによって、Vagrantはホストマシンのリソースの使用を終了する

vagrant destroyはダウンロードしたボックスファイルを削除するわけではない。もし、完全に消去したい場合にはvagrant removeを使う



次のステップ

今回は、Vagrant環境を起動して、対話することができた

次回は、共有フォルダについて学ぶ

次回:共有フォルダ

参考文献

Up and SSH - Getting Started - Vagrant by HashiCorp


目次