TIL

Today I Leaned. 無理せず。できるときに。自分のペースで。

入門 - Vagrant

この記事は Vagrantの公式ページの Getting Started- Vagrant をグーグル翻訳したものです。多少、自分なりに再翻訳しています。


Vagrant Getting Guideは最初のVagrantプロジェクトを紹介し、Vagrantが提供している主要な機能の基礎を披露します。

Vagrantを使うとどんなメリットがあるのかに興味がある人は “Why Vagrant?” を見てください。

Vagrant Getting GuideではVirtualBoxVagrantを使います。

すべての主要なプラットフォームで利用可能で、Vagrantに組み込まれているためです。

このガイドを読んだ後に、VirtualBox以外のプロパイダ(VMwareAWSなど)とも動作することができることを忘れないでください。

最初のプロジェクトに参加する前に、Vagrantの最新バージョンをインストールしてください。また、VirtualBoxもインストールしてください。

本人のより多く? 物理的な本を読むのが好きなら、「Vagrant:Up and Running」というVagrantの著者が書いた、O'Reillyの出版に興味があるかもしれません。


起動と実行

$ vagrant init hashicorp/precise64
$ vagrant up

上記の2つのコマンドを実行すると、Ubuntu 12.04 LTS 64-bitを実行しているVirtualBoxで、完全に稼働している仮想マシンが作成されます。

あなたはvagrant sshを使ってこのマシンにSSH接続することができます。

遊んだあと、vagrant destroy仮想マシンを終了することができます。

すべてのプロジェクトを先ほどのコマンドらで簡単にセットアップできると想像してください。

Vagrantにおいてvagrant upは「プロジェクトに依存しているものをすべてインストールしたり」、「あらゆるネットワーキングや共有フォルダのセットアップをしたり」といったことをするため、すべてのプロジェクトにおいて必要なコマンドです。

このコマンドによって、一つのマシンの中で快適に作業を続けていくことができるのです。

このガイドの残りの部分では、Vagrantのより多くの機能を網羅した、より完全なプロジェクトを設定する方法について説明します。

次のステップ

今回は、Vagrantに初めての仮想環境を作成した

次回は、プロジェクトのセットアップ方法について学ぶ

次回: プロジェクトセットアップ

参考文献

Getting Started - Vagrant by HashiCorp


目次