TIL

Today I Learned. 知ったこと、学んだことを書いていく

requests.apiモジュール - Python

https://github.com/requests/requests/blob/00fd4c8eb4ac0fd7b8f8d76bbf15ab06351c052c/requests/api.py#L16-L58 から重要なところを引っ張ってきた

def request(method, url, **kwargs):
    with sessions.Session() as session:
        return session.request(method=method, url=url, **kwargs)

リクエストを送る前に毎回Sessionを生成しているということ。また、withを使ってるからそのセッションは閉じられている。セッションは必ず閉じないといけない。

使用例

セッションを使うときはrequests.Sessionを使い、セッションを使わないときはrequests.apiを使うみたいな?

import requests


class Requester(object):
    _session = None

    def __init__(self, requests_session=True):
        if requests_session:
            self._session = requests.Session()
        else:
            from requests import api
            self._session = api

    def internal_call(self):
        r = self._session.request('GET', 'http://google.com')
        print(r.status_code)

if __name__ == '__main__':
    requester = Requester(False)
    requester.internal_call()
    requester = Requester()
    requester.internal_call()

実行結果

200
200

参考文献

実行しているPythonのバージョンを取得 - Python

いくつかの方法があるらしい

  1. sys.hexversionを使う
  2. platform.python_version_tuple()を使う

1.sys.hexversionを使う

これはPyGithubのソースを見てたときに見つけて一人で感動した書き方

sys.hexversionを使うことでPythonのバージョンの16進数を取得できる。

>>> import sys
>>> sys.hexversion
50725872
>>> hex(sys.hexversion)
'0x30603f0'
>>> sys.version
'3.6.3 (default, Oct  4 2017, 06:09:15) \n[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 9.0.0 (clang-900.0.37)]'

「Python3以上のとき」のような処理をしたいときには0x03000000と比較すればいい

>>> sys.hexversion >= 0x03000000
True

この結果をatLeastPython3のように変数に入れておけば使える!!

2.platform.python_version_tuple()を使う

>>> import platform
>>> platform.python_version_tuple()
('3', '6', '3')
>>> int(platform.python_version_tuple()[0]) >= 3
True

なんか微妙...


sys.hexversionのほうが好き!!!!

参考文献

特定の行をハイライトした状態のリンクを作成 - GitHub

f:id:tmg1998:20180526093429p:plain:w500

こんな感じでハイライトした状態のリンクを張りたいとき

github.com

リンクの後ろに#L70-L72といったように行番号をつける。
また、コミットのファイルに対してのリンクにすることで必ずその行数になる。

https://github.com/tamago324/CasNewCommentNoticePy/blob/115ebcab2e1f2539e678ac3383b30d8a8b41324c/src/api/comment.py#L70-L72

参考文献

pydubを使って音楽を鳴らす - Python

Pythonで音楽(mp3)を鳴らすにはpydubというライブラリを使えば実現できる。

github.com


音楽鳴らすまでに行ったことはここに書いてある

音を鳴らす · Issue #2 · tamago324/CasNewCommentNoticePy

環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.13.3
BuildVersion:   17D102

音楽を鳴らすまでの手順

  1. ffmpegをインストール
  2. pipenv install pydubでpydubのインストール

pydubを使うにはffmegというソフトをインストールしなくてはいけない。これに少し手こずった

1.ffmpegをインストール

/usr/local/share/man/man3の権限を実行するユーザーにする必要がある

$ cd /usr/local/share/man/
$ sudo chown -R $USER man3

次にffmpegをインストールする

$ brew install ffmpeg --with-libvorbis --with-sdl2 --with-theora

インストールできたか確認

$ ffmpeg
ffmpeg version 4.0 Copyright (c) 2000-2018 the FFmpeg developers
  built with Apple LLVM version 9.0.0 (clang-900.0.39.2)
  configuration: --prefix=/usr/local/Cellar/ffmpeg/4.0 --enable-shared --enable-pthreads --enable-version3 --enable-hardcoded-tables --enable-avresample --cc=clang --host-cflags= --host-ldflags= --enable-gpl --enable-ffplay --enable-libmp3lame --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libx264 --enable-libxvid --enable-opencl --enable-videotoolbox --disable-lzma
  libavutil      56. 14.100 / 56. 14.100
  libavcodec     58. 18.100 / 58. 18.100
  libavformat    58. 12.100 / 58. 12.100
  libavdevice    58.  3.100 / 58.  3.100
  libavfilter     7. 16.100 /  7. 16.100
  libavresample   4.  0.  0 /  4.  0.  0
  libswscale      5.  1.100 /  5.  1.100
  libswresample   3.  1.100 /  3.  1.100
  libpostproc    55.  1.100 / 55.  1.100
Hyper fast Audio and Video encoder
usage: ffmpeg [options] [[infile options] -i infile]... {[outfile options] outfile}...

Use -h to get full help or, even better, run 'man ffmpeg'

2.pipenv install pydubでpydubのインストール

普通にこれはインストールできた

$ pipenv install pydub

実行してみる

鳴らす音楽は以下のサイトからダウンロードしておいた

ボタン・システム音[1]|効果音ラボ

フォルダ構成は以下の通り

.
└── sound
    ├── decision7.mp3
    └── sound.py

ソース

import os

from pydub import AudioSegment
from pydub.playback import play

ABS_PATH = os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))

def play_sound():
    sound = AudioSegment.from_mp3(f'{ABS_PATH}/decision7.mp3')
    play(sound)


if __name__ == '__main__':
    play_sound()

実行

$ pipenv run python3 sound/sound.py
Loading .env environment variables…
Input #0, wav, from '/var/folders/93/g9_qrz2519z_p3y0k44pctt00000gn/T/tmpp9zk38i8.wav':
  Duration: 00:00:00.86, bitrate: 1411 kb/s
    Stream #0:0: Audio: pcm_s16le ([1][0][0][0] / 0x0001), 44100 Hz, 2 channels, s16, 1411 kb/s
   0.81 M-A:  0.000 fd=   0 aq=    0KB vq=    0KB sq=    0B f=0/0

音楽がなった!!これだけで音楽鳴らせるとかpydubに感謝!!

音楽プレイヤーとか作れるのかな...とか思ったりしてる

参考文献

環境変数の表示 printenv - Linuxコマンド

printenv コマンドで環境変数の一覧の表示ができる

$ printenv
LANG=ja_JP.UTF-8
SHELL=/usr/local/bin/bash
...

参考文献

ディレクトリをコピー

ディレクトリのコピーにはcpコマンドを使う。

-rオプションを使うとディレクトリのコピーができる

$ cp -r from/ to/

参考文献

【 cp 】 ファイルやディレクトリをコピーする | 日経 xTECH(クロステック)

ぷるんと回転するアニメーションの実装(写経して改良) - CSS

ぷるんと回転するアニメーションを写経して、改良してみた

See the Pen ぷるんと回転 by tamago (@tamago324) on CodePen.

  1. サンプルではmatrix3d()で実装されていたが、matrix()でもいいんじゃないかと思ってmatrix()で実装し直してみた
  2. その次に、rotateでいいんじゃないかと思って、rotateで実装

matrixで100pxっぽくなるようにしていたため、rotateの方が回転させるだけなので、楽に実装できる

matrix()関数

これはtransformプロパティの値に指定できる関数で、行列を使って2Dの変形を実現するらしい

基準はmatrix(1, 0, 0, 1, 0, 0)となっている。この状態では何も変形していない状態

1番目の数値は、水平方向の縮尺(a)
2番目の数値は、垂直方向の傾斜率(b)
3番目の数値は、水平方向の傾斜率(c)
4番目の数値は、垂直方向の縮尺(d)
5番目の数値は、水平方向の移動距離(e)
6番目の数値は、垂直方向の移動距離(f)

transform:matrix()-CSS3リファレンス

水平(x)と垂直(y)の縮尺と傾斜率と移動距離を指定するらしい

See the Pen matrix 試し by tamago (@tamago324) on CodePen.

色々やってみたけど、よくわからないから、rotate()とかscale()とかtranslate()とかでやったほうがいいかも...

matrix(a, b, c, d, e, f)matrix3d(a, b, 0, 0, c, d, 0, 0, 0, 0, 1, 0 , e, f, 0, 1)と同じ意味らしい

参考文献