TIL

Today I Leaned. 仕事で知ったことや、つまづいたことを時間のある時にメモしておく

プロジェクトファイル(.dpr)

プログラムの構造と構文

Delphiのアプリは複数のモジュールで構成される。それらのモジュールはプロジェクトファイルと呼ばれる一つのソースコードモジュールによって関連付けられている。

従来のPascalプログラミングではメインプログラムを含むすべてのソースコード.pasファイルに記述されていた。しかし、Embarcadero製のツールではメインプログラムは.dprに記述し、それ以外のソースコード.pasファイルに記述する。

実行可能なDelphiアプリのソースには以下のものが記述されている。

  • program ヘッダー
  • uses 句(省略可)
  • 宣言・実行可能分のブロック

コンパイラIDE)は上記の3つが1つのプロジェクトファイル(.dpr)に含まれていることを想定している。

program ヘッダー

実行可能なプログラム名を指定する。

予約語であるprogramの後ろに識別子が続き、最後にセミコロンが付く。Embarcadero製ツールを使って開発された場合には、この識別子とプロジェクトソースファイル名が一致していなければならない。

以下の例では、Editorというプロジェクトソースファイルである。識別子がEditorであるため、このプロジェクトファイル名はEditor.dprになる。

program Editor;

uses 
  Forms, REAbout, // An "About" box
  REMain;         // Main form

{$R *.res}

begin
  Application.Title := 'Text Editor';
  Application.CreateForm(TMainForm, MainForm);
  Application.Run;
end.

uses 句

uses句では使用するユニットをカンマ区切りで列挙する。

ブロック

ほとんどの program ファイルでは、ブロックはbeginendで囲まれた複合文。プロジェクトのApplicationオブジェクトに対するメソッド呼び出しで構成される。

ブロックには、定数、型、変数、手続き、関数の宣言を含めることができるが、これからの宣言は、ブロック内のステートメントより前に記述する必要がある。

endの後にはピリオドが付くことに注意。

begin
.
.
end.

参考文献

プログラムとユニット(Delphi) - RAD Studio